おいしい男酒の秘密 宮水

宮水庭園江戸時代、日本酒は夏を越すと味が落ちるというのが常識でした。ところが西宮で造る酒だけは、夏を越して秋を迎えるとますます味が良くなったため、「秋晴れ」すると称賛されていました。

その違いに着目した神戸魚崎村の酒造家山邑太左衛門が研究したところ、仕込み水の違いが原因であることがわかりました。西宮神社に程近い一部の地域のみで湧き出る六甲山系の良質な伏流水。

「宮水発祥の地」の石碑と梅の木井戸この水にはおいしい酒を造りだす条件がそろっており、酒造家たちはこぞって酒造りに使うようになりました。「西宮の水」が略されて「宮水」と呼ばれるようになったこの水は、すっきり辛口で芳醇な「男酒」と言われる灘の酒造りに欠かせないものとなっています。

「宮水」が湧き出す地域は大昔は海だったため、その地層に含まれる塩分やミネラル成分と、六甲山系の花崗岩層を通過した地下水が絶妙にブレンドされ、酒造りには欠かせない酵母の発酵を促進させる水となっています。(但し、飲み水などには適さないようです。)
酒造会館(久保町)の東には山邑太左衛門が「宮水」を発見したと伝えられる「梅の木井戸」があり、その横に「宮水発祥の地」の石碑が立っています。また、大関・白鹿・白鷹3社の宮水井戸敷地は整備され、「宮水庭園」として公開されています。(庭園の中に入ることはできません)

ページ上部へ戻る
お問合せ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

    ×
    法人・団体会員 申込書

    入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



    郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


      法人名または団体名(個人の場合は屋号) (必須)

      代表者役職氏名 (必須)

      担当部署
      部署名 
      責任者名

      TEL (必須)

      メールアドレス (必須)

      郵便番号 (必須)

      住所 (必須)

      加入口数 (必須)

      ×
      個人会員申込

      入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



      郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


        お名前(必須)

        TEL (必須)

        メールアドレス (必須)

        郵便番号 (必須)

        住所 (必須)

        加入口数 (必須)

        ×
        ボランティアガイドお申込み

          団体名(個人名) (必須)

          参加人数 (必須) (2名~20名)

          男性 人 女性

          年齢層 (必須)
           ~ 

          ご連絡先

          氏名 (必須)

          電話番号(必須)

          FAX番号

          メールアドレス (必須)

          ガイド希望日時 (必須)
            
            ~   

          昼食 (必須)

          希望コース・見学希望施設 (必須)

          希望コース、施設名 

          その他、ご要望等


          ×