記事の詳細

  西宮市役所には昭和20年代後半から撮りためた写真が数多く残されています。情報公開課では、市民のみなさまに見ていただけるように、これらの写真資料の整理を進め、その一部を紹介するため、年4回、写真展を開催し、市内各地域の町並みや暮らしの移り変わりを展示しています。

  明治終わり、別荘地として開発された苦楽園は、大正に入りラジウム温泉場として大いに賑いました。温泉衰退後も緑豊かで大阪湾を一望できる絶景の地、苦楽園には数々の文化人・著名人が居を構えます。苦楽園から鷲林寺(じゅうりんじ)地区にかけては昭和40年ころから急速に宅地化が進みました。大きく変わるまちの様子を懐かしい写真でご紹介します。

  展示写真総数36点。このほか事務室内で、電子データ化された関連写真750点あまりを閲覧することができます。

 

第17回歴史資料写真展 「坂のまち 絶景の地 -苦楽園・鷲林寺-」

展示場所 : 西宮市役所東館(公共駐車場のある建物)8階 情報公開課 歴史資料チーム前の廊下
兵庫県西宮市六湛寺(ろくたんじ)町 3-1

展示期間 : 平成27(2015)年 5月26日(火)~6月29日(月)         平日の午前9時から午後5時まで(土・日曜、祝日は休みです)

入場無料

主催 : 西宮市総務局総務総括室 情報公開課 歴史資料チーム
お問い合わせ先 : 0798-35-3740

※ 詳しくはこちらをご覧ください。

 

ちらし(縮小)

 

1.DSC_7732

写真展は西宮市役所東館(公共駐車場のある建物)8階の廊下で開催中。入場無料です。

 

2.DSC_7735

写真展は、まず越木岩(こしきいわ)・苦楽園地区を紹介します。「越木岩地区の風景」(左)から始まり、「越木岩地区のくらし」(中)、「かつての温泉街 苦楽園」(右)と続きます。

 

3.DSC_7737

次に、この地区にゆかりのある谷崎潤一郎をはじめ文化人のあしあとをたどります。「谷崎潤一郎と苦楽園かいわい」(左)、「文化人に愛された苦楽園のまち」(右)。

 

4.DSC_7739

最後に鷲林寺(じゅうりんじ)地区を紹介します。昭和30年代、現在の剣谷(けんだに)町にあるガミヤ池のほとりには教育キャンプ場が開設され、夫婦池のそばにはシトー会西宮の聖母修道院が静かに佇んでいました。この周辺も今では住宅が立ち並び、まちは大きく変わりました。開発が進んだこの地区のかつての風景を懐かしい写真でご覧いただけます。「柏堂(かやんどう)・剣谷とガミヤ池」(左)、「シトー会 西宮の聖母修道院」(中)、「北山公園と鷲林寺」(右)。

 

地図

地図

(SH)

 

関連記事

おすすめリンク

ひょうごツーリズムガイド
新西宮観光100選
西宮ふるさと民話
西宮文学回廊
さくらやまなみバス
西宮流
西宮イベント手帳
阪神沿線のレンタサイクル
観光あるき
地産地賞
ぐるっと神戸

西宮の天気

ページ上部へ戻る
お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

×
法人・団体会員 申込書

入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


法人名または団体名(個人の場合は屋号) (必須)

代表者役職氏名 (必須)

担当部署
部署名 
責任者名

TEL (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

加入口数 (必須)

×
個人会員申込

入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


お名前(必須)

TEL (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

加入口数 (必須)

×
ボランティアガイドお申込み

団体名(個人名) (必須)

参加人数 (必須) (2名~30名、30名以上は別途相談に応じます)

男性 人 女性

年齢層 (必須)
 ~ 

ご連絡先

氏名 (必須)

電話番号(必須)

FAX番号

メールアドレス (必須)

ガイド希望日時 (必須)
  
  ~   

昼食 (必須)

希望コース・見学希望施設 (必須)

希望コース、施設名 

その他、ご要望等


チェックを入れてから送信ボタンをクリックしてください。


×