記事の詳細

  6月23日(月)に出版されたばかりの「恵恵(フィーフィー) 日中の海を越えた愛」(文藝春秋社)が話題になっています。2004年の末に、西宮市の美しい関西学院大学のキャンパスで出会った、日本人青年、岡崎健太さんと中国からの女子留学生の結婚生活を記した手記です。

  日中関係が対立を深める中、二人は結婚しますが、妻にがんが見つかり、結婚から4年後、2011年6月に33歳で、妻(愛称「恵恵(フィーフィー)」)は北京で息を引き取ります。義母が昨年、中国で出版した本が「日中の純愛」として、静かな感動を呼び、日本での出版につながったそうです。映画化の話も進んでいるようです。

 

6月24日(火)朝日新聞「ひと」

岡崎健太さん(37) 亡き中国人妻との歩みを本にした

http://www.asahi.com/articles/DA3S11205946.html

(インターネットで全文読むには登録が必要です。)

 

6月26日(木)NHK「ニュースウォッチ9」

日本と中国 ある夫婦の物語

http://cgi2.nhk.or.jp/nw9/pickup/index.cgi?date=140626_1

(放送された動画を見ることができます。「ニュースウォッチ9」の大越キャスターが北京を訪問し、岡崎健太さんにインタビューしています。)

 

「恵恵(フィーフィー) 日中の海を越えた愛」(文藝春秋社)

http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163900735

「日中間がもっとも厳しかった七年間に、共に生きた二人と日中ふたつの家族の物語です。健太君、母親の付楠さん、恵恵さんの残された手記を一冊に編みました。」

 

(SH)

関連記事

ページ上部へ戻る
お問合せ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

    ×
    法人・団体会員 申込書

    入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



    郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


      法人名または団体名(個人の場合は屋号) (必須)

      代表者役職氏名 (必須)

      担当部署
      部署名 
      責任者名

      TEL (必須)

      メールアドレス (必須)

      郵便番号 (必須)

      住所 (必須)

      加入口数 (必須)

      ×
      個人会員申込

      入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



      郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


        お名前(必須)

        TEL (必須)

        メールアドレス (必須)

        郵便番号 (必須)

        住所 (必須)

        加入口数 (必須)

        ×
        ボランティアガイドお申込み

          団体名(個人名) (必須)

          参加人数 (必須) (2名~20名)

          男性 人 女性

          年齢層 (必須)
           ~ 

          ご連絡先

          氏名 (必須)

          電話番号(必須)

          FAX番号

          メールアドレス (必須)

          ガイド希望日時 (必須)
            
            ~   

          昼食 (必須)

          希望コース・見学希望施設 (必須)

          希望コース、施設名 

          その他、ご要望等


          ×