日本酒を楽しむイベント

できたての新酒を味わう、蔵元自慢の酒を飲み比べる・・・酒どころ西宮ならではの贅沢です。市外の左党にも人気のイベントは毎年楽しみにしている人も多く、西宮の年中行事になっています。

●「宮水まつり」と「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」
「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」「宮水まつり」は、新酒の仕込みがはじまる10月の第1土曜日に、酒造りに欠かせない「宮水」への感謝をこめ、これから始まる酒造りの無事とお酒の出来栄えが良くなることを祈願して行われる神事です。
西宮市久保町にある宮水発祥之地の碑の前で、巫女姿の宮水娘が井戸の水を角樽に汲み出し、神前にお供えします。そのあと、えびす様に扮したり時代装束を身につけたりした酒造関係者等が市内を巡行して西宮神社へ向い、本殿で「えべっさんの酒・醸造祈願祭」が行われます。

午後からは、西宮神社境内をメイン会場に、翌日曜日までの2日間にわたって、「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」が繰り広げられます。
西宮の蔵元等が軒をつらね、試飲してお気に入りのお酒を買うことができます。また、西宮市は酒造業だけでなく、食産業も盛ん。和洋菓子やさまざまな料理の屋台も並び、子ども連れでも楽しめるおまつりです。
サテライト会場(市内の酒造メーカーの施設など)を巡る無料バスも出て、丸一日たっぷり遊べます。毎年約10万人の来場者がある人気イベントです。

● 西宮酒蔵見学会
樽菰巻き実演新酒の時期である毎年2月には、西宮観光協会主催の「西宮酒蔵見学会」が開催されます。事前申込みが必要ですが、多い年には定員の10倍近い申し込みがあります。普段見学できない工場内部が見学できたり、酒造メーカーの方から直接お話が聞けるのも人気の秘密です。もちろん一番のお目当てはしぼりたて新酒の試飲ときき酒。参加した人はみなさん日本酒がますます好きになって帰られます。


新酒番船踊り

新酒番船踊り江戸時代には、その年の新酒ができると、一番に江戸に運ばれたお酒は高値で買ってもらえるため、灘の酒造家は先を競って船を江戸へ走らせました。その例年行われる行事を「新酒番船」と呼びました。一番船となりご祝儀がでた船の船乗り達は、大喜びで踊りながら江戸の町を練り歩いたといわれています。その盛り上がる様子をあらわした新酒番船踊りが、「西宮酒ぐらルネサンスと食フェア」の新酒番船パレードで披露されています。

おすすめリンク

ひょうごツーリズムガイド
新西宮観光100選
西宮ふるさと民話
西宮文学回廊
さくらやまなみバス
西宮流
西宮イベント手帳
阪神沿線のレンタサイクル
観光あるき
地産地賞
ぐるっと神戸

西宮の天気

ページ上部へ戻る
お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

×
法人・団体会員 申込書

入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


法人名または団体名(個人の場合は屋号) (必須)

代表者役職氏名 (必須)

担当部署
部署名 
責任者名

TEL (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

加入口数 (必須)

×
個人会員申込

入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


お名前(必須)

TEL (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

加入口数 (必須)

×
ボランティアガイドお申込み

団体名(個人名) (必須)

参加人数 (必須) (2名~30名、30名以上は別途相談に応じます)

男性 人 女性

年齢層 (必須)
 ~ 

ご連絡先

氏名 (必須)

電話番号(必須)

FAX番号

メールアドレス (必須)

ガイド希望日時 (必須)
  
  ~   

昼食 (必須)

希望コース・見学希望施設 (必須)

希望コース、施設名 

その他、ご要望等


チェックを入れてから送信ボタンをクリックしてください。


×