記事の詳細

  甲子園短期大学が、品質・生産性とも優れた蜜源植物として、学内で栽培に取り組んでいる亜熱帯原産の植物、エキウム・カンディカンスの開花にあわせて、付属の園芸実習場で5月中旬に、一般公開が行われたことは以前にお知らせしましたが(→こちら)、開花も終わった5月28日に、エキウム・カンディカンスを蜜源とする蜂蜜しぼりが行われました。

  エキウム・カンディカンスからは1㎡あたり12.6㎏の蜂蜜を生産し、糖度も83%と高く(通常は80%程度)、かんきつ系の風味の良質の蜂蜜を得ることができるそうです。

  甲子園学院小学校の1、2年生37人が食育の一環として参加し、遠心分離器による蜂蜜しぼりを体験し、しぼりたての蜂蜜を味わっていました。

 

1.巣枠の蜜蝋を取る DSC_7782

巣箱から取り出した巣枠の表面は、働き蜂が分泌する白い蜜蝋(みつろう)でおおわれています。まず、研究に協力した養蜂家の方が、甲子園学院小学校の1、2年生が見守る中、その白い蜜蝋を巣枠の表面から削り取ります。蜂蜜がびっしり詰まった巣枠の重さは、ひとつ3㎏。持たせてもらいましたが、ずっしりと重かったです。

左のジャケット姿が、エキウム・カンディカンスの栽培に取り組んでいる、甲子園短期大学 生活環境学科の土橋豊教授です。

 

2.遠心分離機 DSC_7803

巣枠2枚を遠心分離機に入れて、子どもたちが順番にハンドルをぐるぐる回すと、甘い蜂蜜の香りが漂います。遠心力で巣枠から蜂蜜が徐々に飛び出して、底にたまっていきます。

 

3.採蜜 DSC_7840

コックをひねると、底にたまった蜂蜜がとろ~りと容器の中に入っていきます。

 

4.試食 DSC_7856

土橋教授が子どもたちに、「皆さんが手にしているスプーン一杯分の蜂蜜が、一匹の蜜蜂が一生がんばって働いて集めた量です。大切に味わって食べてくださいね」と語りかけ、子どもたちが採れたてを味わいました。

(SH)

関連記事

おすすめリンク

ひょうごツーリズムガイド
新西宮観光100選
西宮ふるさと民話
西宮文学回廊
さくらやまなみバス
西宮流
西宮イベント手帳
阪神沿線のレンタサイクル
観光あるき
地産地賞
ぐるっと神戸

西宮の天気

ページ上部へ戻る
お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

×
法人・団体会員 申込書

入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


法人名または団体名(個人の場合は屋号) (必須)

代表者役職氏名 (必須)

担当部署
部署名 
責任者名

TEL (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

加入口数 (必須)

×
個人会員申込

入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


お名前(必須)

TEL (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

加入口数 (必須)

×
ボランティアガイドお申込み

団体名(個人名) (必須)

参加人数 (必須) (2名~30名、30名以上は別途相談に応じます)

男性 人 女性

年齢層 (必須)
 ~ 

ご連絡先

氏名 (必須)

電話番号(必須)

FAX番号

メールアドレス (必須)

ガイド希望日時 (必須)
  
  ~   

昼食 (必須)

希望コース・見学希望施設 (必須)

希望コース、施設名 

その他、ご要望等


チェックを入れてから送信ボタンをクリックしてください。


×