記事の詳細

5月13日(土)から西宮大谷記念美術館生誕120年 伊藤慶之助展 が開催中です。

伊藤慶之助(いとう・けいのすけ 1897~1984)は大阪市に生まれました。

1914年から赤松麟作が主宰する洋画研究所に入塾して研鑽を積み、1916年第1回大阪洋画会に出品して入選、大久保作次郎、国枝金三、小出楢重らとともに妙技賞を受賞します。翌年上京して本郷洋画研究所に入り、岡田三郎助に指導を受けます。

1918年の第6回光風会展の初入選を皮切りに公募展への入選を重ねますが、1923年の関東大震災を機に帰阪。翌年の第2回春陽会展に入選以後、同展へ出品を続けます。

1929年、鐘淵紡績社長武藤山治の支援でルーヴル美術館での模写を条件に渡仏。アカデミー・コラロッシュで学ぶ一方、サロン・ドートンヌで入選を果たします。

1932年に帰国し翌年に春陽会会友、1938年に西宮市へ移り、翌1939年には春陽会会員に推薦されます。戦後も引き続き春陽会に出品を続ける一方で、西宮市民美術教室の設立に関わり、大手前女子大学で教鞭をとるなど、美術教育にも心血を灌ぎ、1961年第1回西宮市民文化賞、1968年兵庫県文化賞を受賞しました。

このたびの展覧会は、伊藤慶之助の生誕120年を記念して開催するもので、滞欧作を中心とした所蔵品の代表作と、2016年度の新収蔵作品2点に、未公開資料を交えた約20点により、大正そして昭和の洋画壇で半世紀以上にわたり活躍した画家の足跡を振り返ります。
主催:西宮市大谷記念美術館
後援:西宮市、西宮市教育委員会

 

同時開催
田嶋悦子展(6月10日より)

関連イベント
ギャラリートーク

生誕120年 伊藤慶之助展

会期 2017年5月13日(土)〜7月30日(日) 休館日 水曜日
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料 一般200円/高大生・小中生100円

*6月10日以降は『田嶋悦子展』と共通
(一般500円/高大生300円/小中生200円)
*7月17日(月・祝)は無料開館日
*西宮市在住65歳以上の方は、6月9日までは無料、6月10日以降は一般料金の半額(要証明書)
*ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
*心身に障害のある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)

関連記事

おすすめリンク

ひょうごツーリズムガイド
新西宮観光100選
西宮ふるさと民話
西宮文学回廊
さくらやまなみバス
西宮流
西宮イベント手帳
阪神沿線のレンタサイクル
観光あるき
地産地賞
ぐるっと神戸

西宮の天気

ページ上部へ戻る
お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

×
法人・団体会員 申込書

入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


法人名または団体名(個人の場合は屋号) (必須)

代表者役職氏名 (必須)

担当部署
部署名 
責任者名

TEL (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

加入口数 (必須)

×
個人会員申込

入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


お名前(必須)

TEL (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

加入口数 (必須)

×
ボランティアガイドお申込み

団体名(個人名) (必須)

参加人数 (必須) (2名~30名、30名以上は別途相談に応じます)

男性 人 女性

年齢層 (必須)
 ~ 

ご連絡先

氏名 (必須)

電話番号(必須)

FAX番号

メールアドレス (必須)

ガイド希望日時 (必須)
  
  ~   

昼食 (必須)

希望コース・見学希望施設 (必須)

希望コース、施設名 

その他、ご要望等


チェックを入れてから送信ボタンをクリックしてください。


×