記事の詳細

陶とガラスを素材に生命感あふれる表現を生み出す美術家、田嶋悦子の個展が6月10日()から西宮大谷記念美術館で開催されます。

田嶋悦子は1959年大阪市に生まれ、1981年大阪芸術大学工芸学科陶芸専攻を卒業。「YES ART」や「アート・ナウ」など、関西の若手の現代美術家によるグループ展に、陶による巨大なインスタレーションを発表し、注目を集めました。

しかし1990年代に入ると、それまでの装飾的な要素を一切削ぎ落としたミニマルな作風へと移行。
その後、陶とガラスを接合したのびやかな形状のオブジェクトー《Cornucopia》シリーズを生み出します。

そして、このシリーズで確立した独自の造形手法が高く評価され、現在、国内外の多くの美術館に作品が収蔵されています。

一方で、田嶋悦子は1980年代から一貫して、展示空間を構成するインスタレーションと呼ばれる美術表現に関心を向けてきました。
それは、ただ個別の作品として存在するだけにとどまらない陶表現のあり方を探求する試みです。

熱帯の花や樹木を思わせる巨大な陶作品をならべた初期の《Hip Island》、群生する花々が一斉に地表から伸び上がっているかのような近年の《Flowers》からは、作品が持つ生命感を周囲の空間に押し広げようとする強い意志が感じられます。

また、新作のインスタレーション《Records》では、粘土という素材を、存在、時間、行為、感情などを転写し、記録するメディウムとして新たにとらえ直そうとしています。

陶の持つ独自性を生かしつつ、美術表現としてどのような可能性を切り開くことができるのか。
本展では、田嶋作品の造形的特徴を示す《Cornucopia》シリーズのほか、1980年代から新作までのインスタレーションを中心に約15点を展示し、陶芸の新たな地平を目指す田嶋悦子の挑戦に迫ります。

※陶器の作品展示となっているため、作品の転倒等を防ぐために手荷物をコインロッカー(リターン式)に預けていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

主催:西宮市大谷記念美術館
後援:西宮市、西宮市教育委員会

同時開催
・生誕120年 伊藤慶之助展

関連イベントはこちらから

田嶋悦子展

会   期 2017年6月10日()〜7月30日() 休館日 水曜日
開 館 時 間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
無料開館日 7月17日(月・祝)

入 館 料 一般500円/高大生300円/小中生200円

*20名以上の団体は各料金から100円割引
*西宮市在住65歳以上の方は一般料金の半額(要証明書)
*ココロンカード・のびのびパスポート呈示の小中生は無料
*心身に障害のある方及び介助者1名は無料(要手帳等呈示)
*割引券付ちらしをご持参の方は一般500円を400円に割引(複製不可)

関連記事

おすすめリンク

ひょうごツーリズムガイド
新西宮観光100選
西宮ふるさと民話
西宮文学回廊
さくらやまなみバス
西宮流
西宮イベント手帳
阪神沿線のレンタサイクル
観光あるき
地産地賞
ぐるっと神戸

西宮の天気

ページ上部へ戻る
お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

×
法人・団体会員 申込書

入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


法人名または団体名(個人の場合は屋号) (必須)

代表者役職氏名 (必須)

担当部署
部署名 
責任者名

TEL (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

加入口数 (必須)

×
個人会員申込

入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


お名前(必須)

TEL (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

加入口数 (必須)

×
ボランティアガイドお申込み

団体名(個人名) (必須)

参加人数 (必須) (2名~30名、30名以上は別途相談に応じます)

男性 人 女性

年齢層 (必須)
 ~ 

ご連絡先

氏名 (必須)

電話番号(必須)

FAX番号

メールアドレス (必須)

ガイド希望日時 (必須)
  
  ~   

昼食 (必須)

希望コース・見学希望施設 (必須)

希望コース、施設名 

その他、ご要望等


チェックを入れてから送信ボタンをクリックしてください。


×