記事の詳細

  西宮市内の越木岩(こしきいわ)神社の境内の能舞台は、毎年秋の例大祭の薪能の会場となることで有名です。

  10月から始まった「西宮まちたび博2014」では、実に112種類ものプログラムを用意していますが、10月29日(水)に、その一つ「観世流 シテ方 上田拓司さんに学ぶ『能』」に参加してきました。

  これは、西宮市内の夙川のほとりで能舞台「瓦照苑(がしょうえん)を主宰なさっておられる、観世流シテ方の上田拓司さんに、伝統芸能の「能」の魅力を学ぶプログラムです。入門講座に始まり、謡(うたい)やリズム(囃子)、仕舞(しまい)を体験し、講師の実演を鑑賞した後は、薪能の会場となる越木岩神社の能舞台で、参加者一人一人が簡単に舞ってみました。普段は上がることのできない能舞台で、幽玄の世界へ誘われた、貴重な時間を過ごしました。

      • 今回ご紹介した「観世流 シテ方 上田拓司さんに学ぶ『能』」は今年度は終了しました。「西宮まちたび博2014」では、この他にも魅力的なプログラムをたくさん用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

1.謡の体験 DSC_3310

まったくの初心者も、若干の経験者もいて、バラエティのある参加者でした。越木岩神社の一室で、上田拓司さん(左)を講師として、能の簡単な入門講座のお話の後は、さっそく謡「老松(おいまつ)」の一節を練習します。「齢(よわい)を授くるこの君の・・・」

 

2.囃子の体験 DSC_3329

上田顕崇さんも講師に加わり、能楽のリズム(囃子)の体験です。

 

3.仕舞(見本) DSC_3340

「老松」の仕舞の練習に移ります。まず、上田拓司さんが見本に舞います。

      • 「仕舞(しまい)」とは、能の一部を面・装束をつけず、紋服・袴のまま舞うことです。

 

4.仕舞の体験 DSC_3394

上田拓司さんが用意した扇子を利用して、「老松」の一節を謡いながら、全員で簡単な仕舞の練習を繰り返し行います。

 

5.扇子 DSC_3420

ちょっと一休み。上田さんから能の舞台で使用する扇子のあれこれをお聞きしました。役の性格による使い分けなど、興味深いお話でした。

 

6.仕舞(仕上げ) DSC_3432

上田さん(左)の見守る中、自分たちだけで仕上げで舞います。

 

7.舞台で講師実演 DSC_3452

最後は薪能の会場ともなる越木岩神社の能舞台でミニ発表会。全員が一人ずつ順番に舞いますが、まずは上田拓司さんの実演です。

 

8.ミニ発表会 DSC_3501

上田拓司さん・顕崇さんが「老松」の一節を謡い、参加者一人一人がのびのびと舞いました。さわやかな天気のもと、プロの能楽師の謡で、薪能の舞台での仕舞の体験。参加者の皆さんにとって貴重な経験となったことでしょう。

(SH)

関連記事

おすすめリンク

ひょうごツーリズムガイド
新西宮観光100選
西宮ふるさと民話
西宮文学回廊
さくらやまなみバス
西宮流
西宮イベント手帳
阪神沿線のレンタサイクル
観光あるき
地産地賞
ぐるっと神戸

西宮の天気

ページ上部へ戻る
お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

×
法人・団体会員 申込書

入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


法人名または団体名(個人の場合は屋号) (必須)

代表者役職氏名 (必須)

担当部署
部署名 
責任者名

TEL (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

加入口数 (必須)

×
個人会員申込

入会手続きは、下記の申込フォームまたは入会申込書(PDF)、をご利用ください。



郵送でのお申込みは、右のボタンをクリックして申込書をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご送付ください。


お名前(必須)

TEL (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

加入口数 (必須)

×
ボランティアガイドお申込み

団体名(個人名) (必須)

参加人数 (必須) (2名~30名、30名以上は別途相談に応じます)

男性 人 女性

年齢層 (必須)
 ~ 

ご連絡先

氏名 (必須)

電話番号(必須)

FAX番号

メールアドレス (必須)

ガイド希望日時 (必須)
  
  ~   

昼食 (必須)

希望コース・見学希望施設 (必須)

希望コース、施設名 

その他、ご要望等


チェックを入れてから送信ボタンをクリックしてください。


×